<第1回> 心臓は、1日何回、打つ(拍動する)のでしょうか?

心臓は、みなさま、ご存じのとおり血液を全身に送るためのポンプです。
では、1日にいったい何回、心臓は、打つ(拍動する)のでしょうか?
それは、脈をみればわかります。両手首の内側、親指側で脈はみれます。
正常な大人では、1分間に大体60回~90回、心臓は打っています。
1分間に平均70回、打っているとすると
1時間で、70x60(分)=4,200回
1日で、4,200x24(時間)=100,800回
1日10万回以上、心臓は、打っていることになります。
1年で、10万回x365日=3,650万回
では、一生ではどうしょう?
人生、80年とすると
3,650万回x80(年)=29億2,000万回 です。

心臓は、“おぎゃー“と生まれる前からお母さんのお腹の中でも動いていますから、 実際はもっと多い回数、打っています。
心臓が、“まめ”な臓器であることおわかりいただけたでしょうか。

平野賢一






大阪大学|平野賢一研究室